BOHONOMAD

トルコ発ビーガンロープサンダル

チェックする

Story ストーリー

ロープサンダルの始まりは、長距離走の能力に秀でていることで知られるメキシコ北西部の先住民族 ララムリが履いていた、“ワラチェ”と呼ばれるサンダルに由来します。
BOHONOMADのロープサンダルは、2015年トルコ南西部、エーゲ海地域に位置するムーラ県キョイジェイズの工房にて誕生しました。
当初は木の葉とウサギの皮でつくられていたサンダルを動物性原料の使用を廃し、強度と耐水性、抗菌性に優れた、軽量のポリプロピレンを採用し、実用的なロープサンダルとして商品化を実現
しました。
 リサイクル可能なポリプロピレン素材を採用することで、軽量かつ柔らかい履き心地に加えて、環境にも優しい“ビーガンサンダル”として、現地の女性達により1足づつ100%手作業で丁寧に作られ、ヨーロッパを中心に注目を集めています。
 BOHONOMADの工房は、これまで季節労働者としての雇用形態が一般的であり、安定した収入を得ることが容易でなかった現地の女性達に、継続的かつ保険制度もある雇用を創出するなど、環境配慮だけでなく、地域経済にもサステイナビリティをもたらしています。

トルコ発ビーガンロープサンダル

ブランドについて

Item Lineup アイテムラインナップ

Terms and Conditions 取引条件

買取・委託
買取
発注条件
ミニマムオーダー 上代150,000円以上
掛け率
応相談
支払い条件
応相談