今治発、100年前の織機から生まれたストールブランド

『kobo oriza』は、歴史ある織物産地 愛媛・今治で古くは100年以上前の織機を復元・改造し、独創的な織物づくりを続ける「工房織座」のファクトリーブランドです。時を巻き戻したかのような工房で、シャトル式織機からゆっくりと生まれた織物は、手織りに近いあたたかみのある風合いと質感を持ち、肌にすっとなじみます。唯一無二の織模様を描く巻き物、織りで形づくったマルチキャップなど「織」への探求心が体現されたアイテムは、あなたの暮らしに寄り添うライフウェアへ。
チェックする

Story ストーリー

about KOBO ORIZA CO., LTD.│工房織座について

工房織座は、織物産地 今治でも生粋の織り職人として名を馳せる武田(代表取締役)が40年勤めたタオルメーカーから独立後、2005年に創業。
愛媛県今治市の山間にある玉川町鬼原。その自然豊かな土地で、今治の綿織物の歴史を継承しつつ、思いついた新しい織りや形のアイデアを可能にするため、古くは100年前のシャトル織機を独自に改造し、巻き物を中心に暮らしに寄り添う織物を創り続けています。

2015年、タオルメーカーで20年近く企画・営業を経験した梶(現・取締役)が加わり、OEMのタオル受注を開始。翌年にはその経験とノウハウを活かし、タオル創造プロジェクト「水布人舎」をパートナーとなるタオルメーカーと立ち上げました。現在は、本業である服飾雑貨製造とタオルの企画販売の二事業体制となり、旧式織機・革新織機の各々の織機の可能性を追求し、世に新しい巻物、タオルなど織物製品を開発し、発信しています。

工房織座は、たて糸とよこ糸が交差して布を織り成すように、作り手と使い手が喜びを共有できる愉しい「物語」をこれからも紡いでいきます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「kobo oriza」カタログダウンロードサイトのご案内

https://suppliers.oriza.jp/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Terms and Conditions 取引条件

買取・委託
買取
発注条件
基本条件:税抜下代3万円以上(送料無料)
掛け率
お問合せください。
発送条件
基本条件:税抜下代3万円以上(送料無料)
支払い条件
基本条件:お支払いサイト30日以内現金。
※初回は代引きもしくは入金確認後の商品発送とさせていただきます。