基本的な使い方 チェックリスト お問合せ一覧
ラフォンの歴史は、創業者ルイ・ラフォンがパリのマドレーヌにラフォンブティックをオープンさせた1923年まで遡ります。
コレクションを発表以来、洗練されたデザインや配色のセンスは、世界中から瞬く間に高い評価を集めてきました。
大胆なカラーリング、 ユニークな生地使い、絶妙なシェイプなど。自分を生きる大人の女性たちのために デザインされたアイウェアです。
チェックする

Story ストーリー

PARIS

それは、私たちのブティック、私たちのストーリー、
湧き続けるインスピレーションの源、暮らしのスタイル、
パリは私たちのアイデンティティと深く関わる街。
建築物、アートギャラリー、美術館・・・ラフォンの
絶え間ないインスピレーションの源は、パリの街に溢れています。

FAMILY

ラフォンの歴史は、創業者ルイ・ラフォンがパリのマドレーヌ界隈に
眼鏡店ラフォンブティックをオープンさせた1923年まで遡ります。
後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが、
2代目のジャン・ラフォン時代に初めてオリジナルコレクションを発表。
パリの“アール・ドゥ・ヴィーヴル”(フランス人の哲学や美学に基づく
心地よい生活スタイル)に根差した独自のテイストが誕生しました。
テキスタイルデザイナーだったロランスの豊かな才能から
放たれるパリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは、
世界中から瞬く間に高い評価を集めました。
2012年、ロランスが他界し、彼女の傍でアシスタントを
務めていた息子のトーマが4代目に就任。
チーフ・デザイナーとしてDNAを受け継ぎ、
変わらぬ世界観のコレクションを発表しています。

STUDIO

パリの南に隣接する閑静な住宅街にあるラフォン本社。
渡り廊下でつながった2棟の建物の一方には、経理部門や輸出部門を配置。
もう一方にはラフォン•ファミリーそれぞれの仕事部屋や
デザインスタジオ、ディスプレイ用の大きな倉庫があります。
圧巻は、ラフォンのコレクションが創り出されるデザインスタジオ。
分厚い美術書や専門書が本棚にぎっしり収められ、
壁はデザインチームで日夜ブレーンストーミングをするための
イメージ写真やメモで埋め尽くされています。
収納棚には無数の色見本用の布生地やセル生地、リボンやボタン。
色彩ゆたかな空間に、ラフォンの歴史が脈々と息づく。
倉庫にはランプや鳥かご、花瓶、額縁、さらには木片や、
植物モチーフのオブジェまで、大小さまざま、色とりどりの雑貨たちが、
まるで“どこに何があるか店主しか知らない”骨董屋の印象。
アイデアの源泉が間違いなくここにあるのでしょう。

Terms and Conditions 取引条件

買取・委託
買取となっております。
発注条件
商談時にご確認ください。
掛け率
商談時にご確認ください。
発送条件
商談時にご確認ください。
支払い条件
月締め、翌月15日に指定口座振込となります。

Exhibition 出展展示会

2021.03.24(Wed) - 2021.06.29(Wed)

東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9F

展示会サイト