基本的な使い方 チェックリスト お問合せ一覧

WOADBLUE

新生Woadblue

ブランドディレクターに「ドクターデニムホンザワ」の本澤裕治氏を起用し、長年デニム加工に携わってきたランドリースペシャリストも同時に迎え、これまでにないブルーを追求。ヨーロピアンヴィンテージスタイルでモード感のあるコレクションを展開する。
チェックする

Story ストーリー

新しいブルーの追求

‘‘Woad(ウォード)''とは、藍と同様の青色染料で中世ヨーロッパで栽培されていた現存する世界最古の染料 と言われいます。
 物作りの背景では、ブランドディレクターに「ドクターデニムホンザワ」の本澤裕治氏を迎え、また長年デニムの加工に携わってきたランドリースペシャリストも迎え、これまでにないブルーの発色を追求し、 ヨーロピアンビンテージスタイルを提案しています。

ブランドコンセプトでもある“ブルーへの挑戦”とは

新素材の採用、従来にないシルエットを提案する“世界で一番新 しいブルー”。
そして、日本が世界に誇る職人による手染め藍染め加工などを用いた“世界で一番旧いブルー”。 

その両軸を武器にかつてない新しいブルーの世界を追求していきます

Exhibition 出展展示会

SustainableDepartment

2021.09.01(Wed) - 2022.02.28(Wed)

持続可能を大前提とした「モノ作り」をされているブランドや職人達が集う合同展示会SustainableDepartment(サステナブルデパートメント)。今手に持っている製品たちの未来を想像してみてください。

展示会ページ