基本的な使い方 チェックリスト お問合せ一覧

青木被服

デニムの聖地から最高品質のデニム製品を

チェックする

Story ストーリー

日常をアップデートさせる特別な一品。

◉シルクデニムセットアップ◉

至高の美しさと言われる井原デニムの魅力を多くの皆様に知って頂くため、長年培った縫製技術とノウハウを駆使して完成した新しいデニムスタイル。
撥水・防汚加工を施しており、アクティブシーンでもビジネスシーンでもピッタリ。
また、日常の動きに合わせた立体裁断と縫製技術で筋肉の動きに沿った湾曲されたパターンを用いる事で、様々なアクション動作をし易く、動きやすいセットアップを実現しました。

シルクデニムが持つ極上の艶。生産量は世界の中でも1%以下のスーピマコットンを使用。

シルクデニムの素材は、タテ糸には世界の綿の生産量の1%以下と言われる高級繊維であるスーピマコットンを使用し、ヨコ糸にシルク100の糸を職人の技術により丁寧に1本1本打ち込んでおります。
お肌に優しくしなやかな風合いのシルクが肌面(裏面)になり、表情豊かなコットンが表側になります。
コットンは耐久性・吸湿性に優れ、シルクは吸湿性、放湿性、そして保温性に優れており、丈夫で肌心地の良い素材です。

超撥水加工で雨の日もアウトドアも安心。

丈夫だからこんなに伸びて動きやすい。

◉ALL WEATHER COAT◉

天候を気にすることなくコーディネートをお楽しみいただきたいという想いから「ALL WEATHER COAT」と名付けられました。
英国モッズコートから着想を得た洗練されたシルエットは、どんなコーディネートにも相性抜群でカジュアルからキレイめファッションまで幅広く対応し、体型もよりスマートに見せてくれます。
ALL WEATHER COAT はシルクを横糸に採用し織られた「シルクデニム」を使用したプレミアムシルクブルー色、世界で採れる綿花の1%以下と言われる最高級綿「スーピマコットン」を染めた 艶のあるインディゴブラック色、 上品なベージュ色に染めたクリスタルベージュ色の3色となっております。

撥水加工によりレインコートに変身。水辺でも濡れるのを気にせず思いっきり遊べる。

レインコートとしてもご使用頂ける様にデニム素材に超撥水加工を施し、素材の質感はそのままに、洗っても撥水加工は持続する素材となっております。超撥水加工は乾燥機に入れる事で、何度でも蘇るサスティナビリティを実現した高機能加工が施されています。

◉羽織/DENIM KIMONO◉

PARISで展示会を行うために企画されたこの羽織は、着物を着流しで纏いたいという声をもとに仕立てられました。
着物の袖を残しつつ、ローブのように帯を結ぶこともできるので、まさに和洋折衷を体現した1枚です。

輝き続けるツヤ感を持ったジャガード織り。

クチナシをモチーフに織柄で刺繍のように表現した2重織デニムを使用しています。
ジーンズに使用されているインディゴの縦糸に化繊を合わせることで、デニムには無い程よい光沢感と化繊だけでは表現の難しいナチュラルな風合いを表現しています。

私たちのこだわり-上質な水が生むサスティナブル製品-

弊社のデニム製品の特徴は、岡山県井原市を流れる上質な小田川の水にあります。
上質で綺麗な井戸水が沸くことから「井原」と名付けられたと言われるほど水資源がが豊富で染物に適しています。

また、染色に使用された水は厳しい環境基準に守られ、県内の植物栽培に利用された後 河川に戻る仕組みを取っています。
循環に配慮し、持続可能な仕組みで作られた、まさにサスティナブルなデニム製品となります。

技術の進化と共にあるこのサスティナブルなプロダクトを素材技術+縫製技術と共に皆様に是非ご覧頂きたく思います。

青木被服株式会社

1961年、関西地方中心の作業服及び子供服の受注生産工場「青木被服工場」として誕生致しました。
1970年代に入り、井原市はデニム生地生産が活況を呈し、自社工場の他に中国へ工場を2社増設。
百貨店OEM生産に注力して参りました。
2010年ブランド事業部を創設し、パリ、ミラノにてメンズコレクションの発表を開始。
独創的な企画制作を評価され、現在は国内外の高感度セレクトショップに向け販売しております。2017年に【Prix de budou】を立ち上げ、パリで2度の展示会を経て、国内外からオーダーを頂いております。
またイタリアのトップメゾンや国内百貨店BRからOEMを頂いております。

青木被服 倉敷本店

【2020年4月OPEN】
1961年創業の[デニムの聖地]と呼ばれる岡山県井原市に本拠地を置く、国内を代表するデニム縫製工場である[青木被服] の 製品を主に取り扱うお店です。
デニム製品はアパレル、マスク、バッグ・小物、また、熟練の技術をもつ職人と普段から厚い生地を扱う環境が整ったデニムファクトリーだからできるレザー製品も置いています。
逸脱した知識を持つ社内テキスタイルチームにより生み出され、織りの段階で糸を組み合わせ模様を作るという特殊な企画が世界から評価を得ているジャガードデニムや、和テイストのデニム着物製品及び雑貨など、高品質な縫製技術で仕上げた製品をご覧頂けます。

Exhibition 出展展示会

三備インディゴワークス

2021.11.14(Sun) - 2022.05.13(Sun)

新しい流行を発信し続けるファッションの世界において、 「品質」、「技術」、「アイデア」で、常に進化を続けながら、繊維産地の伝統と技術を継承する、若いクラフトマンたちがいます。そんな彼らの想いは、青く、深い、INDIGO BLUEの中で輝いています。 デニム・繊維の産地、井原、倉敷エリアの18ブランドが、クラフトマンシップ溢れるものづくりをお届けします。

展示会ページ