基本的な使い方 チェックリスト お問合せ一覧
心豊かで丁寧な暮らしを愉しむ方々に向けて、日々の生活をより楽しめるよう
暮らしのアクセントとなるガラス作品を製作しております。
チェックする

Story ストーリー

板ガラスの澄んだ風合いと宝石のようなフリットの輝き

きらりと光るガラスの粒(=フリット)が美しい、ミラーズウサの代表的な製品である<フリットVASE>シリーズ。ミラーズウサのオリジナルアイテムで、工房の近くにある、瀬戸内海の穏やかな波打ち際をイメージして製作しております。ハンドメイドのためフリットの大きさや位置、フリルの出方は1つとして同じものはございません。1つ1つ異なるガラスの表情をお楽しみくださいませ。

心豊かで丁寧な暮らしのアクセントに

4種類のサイズがある<フリットVASE>は、リビング、ダイニング、キッチン、玄関、バスルーム、ベッドサイド、デスクなど、スペースに合わせて様々なお部屋に飾っていただけます。花器としての使い方はもちろんのこと、キャンドルホルダー、コットンや綿棒を入れるアメニティケース、ペン立て、メガネスタンド、植木鉢カバーとしてもお使いいただけます。<フリットVASE>シリーズから派生して、ワインクーラー、テーブルランプ、ペンダントライトや豆皿、小鉢などの器も製作しております。組み合わせていただくことで、統一感のある華やかな空間が演出できます。

1級ガラス施工技能士の高度な切断技術

長年にわたりガラスに携わってきた切断技術は高度で、その切断面の美しさは、まさに匠の技とも言えます。そのフロートガラスの自然な色合いを生かし、ガラスのフリット(粒)で輝きをもたせる美しいガラスの世界を表現しています。

作家 / 宇佐 寛|Hiroshi Usa

愛媛県出身、松山大学卒業。硬式テニスに打ち込み、中・四国大学の学生チャンピオンになって、国体にも出場いたしました。鉄鋼関係商社勤務後、結婚を機に退職し、以後40年以上、フロートガラスに携わっております。その間に1級ガラス施工技能士の資格を取得し、建築ガラスの他にも、板ガラスを使ったキルンワークを金子まゆみ氏に師事。高度な切断技術は、特に切断面のシャープさに定評があります。
・地域を繋ぐニッポンMONO博|愛媛県代表
・J・G・A・S(ジャパン・グラス・アート・ソサエティ)|正会員

首都圏を中心とした、日本全国の百貨店に出店

こちらのお写真は、2022年7月に3週間にわたって、東京ミッドタウンのイセタンサローネプロモーションスペースにてPOP UPをさせていただいた際の様子です。
■過去の出展実績
伊勢丹新宿店・日本橋三越・銀座三越・名古屋三越・仙台三越・広島三越・高松三越・松山三越・JR京都伊勢丹・伊勢丹浦和店・池袋西武百貨店・小田急百貨店新宿店・小田急百貨店町田店・千葉そごう・横浜そごう・新宿高島屋・横浜高島屋・JR名古屋高島屋・大阪高島屋、阪急うめだ本店・大丸神戸店・近鉄百貨店、天満屋・井筒屋・熊本鶴屋・岩田屋など多数

雑誌、新聞など数多くのメディアに掲載

婦人画報、読売新聞、愛媛新聞、朝日新聞、毎日新聞(地方版)などの媒体に取り上げられております。中でも、読売新聞(愛媛版)には自社オリジナル製品の豆皿が開発された際の物語が掲載されました。

愛媛県が主催する「すごモノ」に認定

豊かな自然や文化にはぐくまれた伝統的特産品や、伝統を受け継ぎながらも新たな感性が吹き込まれた多彩な特産品である「すごモノ」に愛媛県から認定されております。

Exhibition 出展展示会

rooms ONLINE

2022.10.02(Sun) - 2023.03.30(Sun)

roomsは、ファッション・ライフスタイル・アート・パフォーマンス・飲食などあらゆるジャンルから過去20年間でのべ1万組以上のクリエイターが参加し、50万人以上の業界関係者を動員してきたキュレーションイベントになります。

展示会ページ