基本的な使い方 チェックリスト お問合せ一覧
真夏だけ休業する古民家カフェで、スパイスから仕込んだ「間借りカレー」を米農家が提供⁈したり。天然酵母を使って発酵さているパン屋から「無農薬スペルト小麦」の依頼を受けたは良いが、失敗の連続で5年も費やしたり。めざしたのは指名買いしてもらえる高品質な作物。
先人の知恵と風土を活かし、品質保持のため栽培エリアを集約して山からの伏流水と町内の提携牧場からの完全発酵堆肥を使って米5種と小麦3種、野菜を生産。
食卓に安心安全な食を届けたいと包丁を握っていた手が、今は土と向き合っています。
チェックする

Story ストーリー

当農場の循環型農法がおいしさに導いた

近くの牧場と提携して自社農場の稲ワラを食べさせる、食べた牛のたい肥をサラサラになるまで完熟発酵したものを耕作地に還元しています。
毎年その耕作地で採れた残渣のワラをエサにして有機たい肥の循環をした結果として、健康な土ができあがり食味向上につながりました。
この循環型農法からヒントを得て化学肥料発明以前の農法に着目しました。

おいしさの定義とは?

おいしさを分解すると味、香り、食感、見た目になります。
味、香りはバランスのとれた健康な土づくりから。
では作物の食感や見た目のこだわりはどうでしょうか?
じつは、先人たちから連綿と賜った山の水や、風土に合った適切な防除等の栽培技術の伝承のおかげで
艶々のお米や瑞々しい野菜が育てられる環境が整っているおかげです。



おいしさと安心安全の両立

受け継いだ環境の中で
山からの伏流水を潤沢にたたえる整備されたため池の水は生活排水やゴルフ場の農薬残渣とは無縁です。
たべるひとの顔を思い浮かべながら、家族や友人の口に入ることを前提に農薬の節減に心がけています。

元料理人と農家としての矜持

美味しくないものは作らない。
カレー米や、みのだまる、スペルト小麦などの、こだわって育てた農産物にそれは表れています。
ブランドについて

Item Lineup アイテムラインナップ

Terms and Conditions 取引条件

買取・委託
買取
発注条件
要相談
掛け率
要相談
発送条件
要相談
支払い条件
要相談

Exhibition 出展展示会

想いっきり未来へ こだわりの食 展示商談会

2022.08.21(Sun) - 2023.02.28(Sun)

“食”を通じて、次世代の人と地球に良い未来を繋いでいくために、「おいしさへ・健康へ・地域活性へ・地球環境へ」枠にとらわれることなく、想いっきり挑戦している人たちがいます。そんな熱い想いにあふれたこだわりの食をつくっている人がちが集結しました。

展示会ページ